Route59

車椅子乗りのおっちゃんとその嫁が撮るゆるい日常

One Day [2022-017] 


今年も押し詰まって参りました。

腹の立つこと、モヤモヤすることもあったなかで、今年は一生懸命に音楽を楽しむ

素敵な若者たちと出会えたことが一番の出来事でありました。



YouTubeでたーまる君のプレイする姿に出会って、実際にお会いしてよりファンになってしまいました。





そして、龍成君、虎成君兄弟。彼らともお会いすることができました。





最後はちはや君。どこまでも透明な歌声と、圧倒的な可愛さに癒された一年でした。



2022_1231_01.jpg



2000年以降、プロ・アマに関わらず、音楽に対してハングリーじゃなくなっていたのですが、

音楽のチカラはまだまだ捨てたもんじゃないことを改めて感じた一年でした。

さて、これで今年のエントリは最後となります。今年一年、有難う御座いました。

また来年も引き続き宜しくお願い致します。どちら様も好いお年をお迎えください。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

男とゆうものつらいもの 顔で笑って腹で泣く 


2021_0321_01a.jpg

近所のお花屋さんを覗きますと、もう紫陽花が置いてありました。

いくら何でも少し早過ぎるんじゃあないですかね。

そんなに急がなくったって…ねぇ?



昨夜、 男はつらいよ お帰り 寅さん を観たのです。

昨年からBSで毎週土曜に 男はつらいよ を放送していて、

ゴミバラエティは観ない我が家、土曜の夜は大抵観るものがありませんので、

「寅さんでも観るか~」程度で流しておったのです。

男はつらいよ は当然子供の頃から知っておりましたよ。

知ってはおったのですが、ちゃんと観たことが無かった。

興味がありませんでしたから。

子供の頃に寅さんを観たって、何が面白いのか、何が泣けるのか、ピンと来なかった。

私も歳を食ったんですねぇ。

最初は流し観程度だったのが、週を追う毎にすっかりハマってしまいました。

そして昨夜、最後の50作目、 男はつらいよ お帰り 寅さん を観たわけです。

オープニングと、あと幾つか「この件は要らんがな」といった気になった箇所はありましたが、

夫婦して大いに笑って、最後はしっかり泣かされました。

男はつらいよ を知らない人が観ても、この1作である程度 車寅次郎 って人が

どういう人が解る仕立てになっておるので、或る意味入門編と云えるかも知れませんが、

やっぱり、「お帰り 寅さん」は、このシリーズを観てきた寅さんファンが云う言葉であって、

それを以てエピローグとする位置づけなのではないかと思いました。寂しいですけど。

でもきっと、男はつらいよ を観た人たち、携わった人たちの中では

寅さんはいつまでも旅の空から見守っていてくれると思えるんじゃないでしょうかね。








▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

秋の気配 


2020_0919_01.jpg


早いもので1年の3/4が過ぎて行こうとしているのであります。

巷では4連休の真っ只中だそうですけれど、我が家は相も変らず通常営業なのであります。

酷く長い梅雨が空けたと思ったら、これまた酷く暑い夏がやって来ましたが、

漸く朝晩は涼しげな風が吹くようになり、少し秋の気配を感じるようになりました。



コロナ禍の影響を受けてストップしていた仕事も、ほんの少しではありますが戻り、

有り難く受けさせて戴いているところです。

仕事中は音楽をかけているのですが、年々古い音楽しか聴かなくなっているのです。

専ら1960年代から80年代。

90年代は微妙、2000年代の曲に至っては聴く気すら起こらないと云う有様。



今日は記憶からすっかり抜け落ちていたアーティストをとあるきっかけで思い出し、

久し振りに流しておりました。

アニタ・ベイカー。

ホイットニー・ヒューストンやシャーデー辺りと似たラインの女性R&Bシンガーなのです。

ジャズ・フュージョン・ブラコン系は夜景に似合ったりするような気がするのですけれど、

秋の午後に流して聴くのも悪くないなァなんて思っているのです。



写真は女房殿がスマホで撮ってきました。

どう云う訳か18:9で撮ってきたものですから、フォトショップで3:2に収めてしまいました。

暢気そうで羨ましいです。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです

関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

当たり 


2020_0712_01.jpg

4月に応募しておいたシャープのマスクがやっと当たりました。

今更感が半端ないですけれど、自粛を緩めた途端に陽性者が着々と

増えているので、今冬用の備蓄品とします。

夫婦して応募していましたが、今回当たったのは女房殿のアカウントなので、

気長に待っていれば私のアカウントもそのうち当たるのではないかなと。



感染症の流行、自然災害が続く中、少々悲しい出来事がありました。

子供の頃から慣れ親しんだ中華料理屋さんが閉店なのです。

今回の感染症が原因ではなく、大将が体調を崩されたとか。

炒飯と餃子は何処で食べても、ここより美味しいと思った事がありません。

炒飯は所謂パラパラ系ではなく、しっとり系なのですが、これが旨い。

餃子も餡は白菜と玉葱とニンニクだけ。

両方ともどうやってこの味を出してるんだろうかと食べる度に思うのです。

五目炒飯、鶏の唐揚げ、餃子の組み合わせは女房殿も大好物で、

閉店を女将さんから聞いた時は泣いておりました。

40年以上も慣れ親しんだ味が突然無くなるのは、こんなにも悲しい事なんだと

思い知らされた出来事でした。






▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

終息に未だ遠し 


2020_05229_01.jpg


結婚10周年の時は安芸の宮島へ行けましたが、15周年の今年は何処へも行けず。

仕方ないとは云え、色々プランを練ってただけに残念至極なのです。

20周年は今年断念した分、一寸豪勢に行きたいなぁと思っているのですが、さてさて。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです

関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit