Route59

車椅子乗りのおっちゃんとその嫁が撮るゆるい日常

One Day [2024-001]  


本年もゆるゆるでありますが、宜しくお願い致します。

2023_1222_01.jpg

去年の年末は、夫婦で焼肉屋さんにでも行ってお疲れさん会をやろうと

思っておったのですが、我が家の周辺の焼肉屋さんってお昼はやってないのですよね。

結局、年末年始の買い物に行った際に、イオンでハラミ定食になってしまいました。

   ◇  ◇

あっという間に小正月も過ぎた本日、初詣に行ってまいりました。

2024_0116_02.jpg

帰り道、ランチに選んだのは大阪王将さん。

私はえび天と五目炒飯であります。



2024_0116_01.jpg

女房殿は、醤油ラーメンと五目炒飯と餃子のハーフサイズセット。

なんだかとっても美味しかった。

一年ごとに"あれ?なんかおかしいな"と思うことが増えてきており、

いつまで動けるのだろうかとよく考えるようになりました。

穏やかに過ごせますように。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

One Day [2023-026]  


2023_0922_02.jpg

2020年から始まったコロナ禍によって、毎夏恒例となっていた女房殿の実家への帰省ができずにおりましたが、

今年はどうにかこうにか行けるだろうということで、走ってまいりました。

秋田に滞在中はずっと雨というのは覚悟しておったのですが、果たしてその通り、というか大阪じゃあまり

見ないような降り方でありまして、滞在中はどこも出ることもなく怠惰に過ごしておりました。

冒頭の写真は帰り道、ランチを食べに寄った山形県の「道の駅あつみ」であります。好いお天気ざんしょ?



2023_0922_01.jpg

女房殿が選んだのは「鯛茶漬け」でありまして、これがまたすこぶる美味しかったらしく、

満足げな表情をうかべておりました。ここのお魚は、ほんまに旨いんですよね。



2023_0922_03.jpg

新潟まで帰ってきたところで、定宿の「ホテルディアモント新潟西」で一泊。

いまどき、喫煙可能なユニバーサルルームが用意されてるなんて、全国どこ探しても

そう見つかるものじゃございませんので、もうこの1点でものすごく価値があると思っておるのです。

できればずっと用意しておいてもらいたいけれど、いつまであるかなあ…

晩ご飯にうかがおうと思っていたお寿司屋さんが、残念なことに店仕舞いされていたので、

ホテル内の和食レストランでお刺身などいただきました。

◇  ◇  ◇  ◇

お天気は好くありませんでしたけれど、向こうの両親には毎回、たくさん気を遣わせてしまうことが

申し訳なく思うのですが、久しぶりに女房殿の顔を見て嬉しそうにしていたので、

せめてそれだけでも行った甲斐があったのかなと思う次第であります。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

One Day [2023-021]  


お久しぶりの多肉ネタで御座います。

アイスグリーンとロメオだけだと、少々寂しいねぇと思っておりまして

ネットショップをあれこれ見て回って、一気に増やしてみました。

2023_0412_01.jpg

セダムの「オウレイ」「春萌」、エケベリアの 「ドンド」「フォーバー」、

グラプトベリアの「ピンクルビー」の5種類です。



2023_0412_02.jpg

寄せ植えはギチギチに詰めて植えた方が可愛く見えるらしいのですが、

あまり窮屈でも水はけとかがよくないような気がしたので、少し隙間を空けて植えました。

さて、上手く育ってくれますかどうか。元気に育ってくれると好いなあ。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

One Day [2023-020]  


久しぶりに完全オフを3/15に取り、2年ぶりにいなべの梅を観に行ってきました。

先ずは新名神をひとっ走り。土山S.Aでお昼を食べます。

2023_0315_04.jpg



2023_0315_05.jpg

フードコートが満席だったので、隣にある 『ウァン』 さんの黒豚まんと松阪牛まん、

近江牛まんを一つずつチョイス。豚まんは普段食べている551と比べるとあっさりしたお味。

牛まんはどちらも牛すき風の味付けがされてます。こちらもあっさり系。美味しゅうございました。



2023_0315_02.jpg

で、ほどなく到着。満開半歩手前ってところでしょうか。



2023_0315_03.jpg



2023_0315_06.jpg



2023_0315_01.jpg

来年は鈴鹿の森庭園も素晴らしいそうなので、そちらへ行ってみようと思っています。






▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

One Day [2023-019] 


大相撲初場所が終わり、やれやれといったところなのですが、

贔屓である正代関がどうも揮いません。

去年の11月場所で負け越して大関から陥落、関脇で迎えた今年の初場所も6勝9敗となり、

遂に平幕にまで番付を下げることになってしまいました。

力はあるんですが、やはりメンタル面が弱い。

加えて怪我も抱えていて、関脇から大関に駆け上がったときの破壊力が

すっかり鳴りを潜めてしまいました。そこで。



2023_0124_01.jpg



やりたくはなかったのですが、大相撲協会にお布施をしてしまいました。

木札のストラップと、本場所で使った土俵の土で作られたストラップです。

土俵の土ストラップは、発案した小野川親方の話によると、



「僕らの苦労というより業者さんの苦労で。難しかったみたいです」

「僕らも強度を確認するために、試作品を踏んだり蹴ったり(笑)」

「叩きつけても全然大丈夫でした」



しかし。



「岩友親方が冗談まじりで『落っことしたら割れるんかな?』と落としたら、正代のストラップが割れてしまったんです」

「うわー!縁起悪い!って。ところがそこから連敗していた正代が、ムチャクチャ連勝したんです」

「これで負けたらちょっと縁起が悪いけれど、連勝してくれてホッとしました」

「自分としてはミサンガ的な役割というか、壊れた方がいいことがあるみたいな、
そういう方がおもしろいかなと思ったりしています」



ということらしいので、もし使っているうちに割れてしまったら、贔屓が勝ちまくる、と。

小野川親方の言葉を信じつつ、割れなくとも三月場所は勝ちまくってほしいと思う今日この頃であります。





▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit