Route59

車椅子乗りのおっちゃんとその嫁が撮るゆるい日常

男とゆうものつらいもの 顔で笑って腹で泣く 


2021_0321_01a.jpg

近所のお花屋さんを覗きますと、もう紫陽花が置いてありました。

いくら何でも少し早過ぎるんじゃあないですかね。

そんなに急がなくったって…ねぇ?



昨夜、 男はつらいよ お帰り 寅さん を観たのです。

昨年からBSで毎週土曜に 男はつらいよ を放送していて、

ゴミバラエティは観ない我が家、土曜の夜は大抵観るものがありませんので、

「寅さんでも観るか~」程度で流しておったのです。

男はつらいよ は当然子供の頃から知っておりましたよ。

知ってはおったのですが、ちゃんと観たことが無かった。

興味がありませんでしたから。

子供の頃に寅さんを観たって、何が面白いのか、何が泣けるのか、ピンと来なかった。

私も歳を食ったんですねぇ。

最初は流し観程度だったのが、週を追う毎にすっかりハマってしまいました。

そして昨夜、最後の50作目、 男はつらいよ お帰り 寅さん を観たわけです。

オープニングと、あと幾つか「この件は要らんがな」といった気になった箇所はありましたが、

夫婦して大いに笑って、最後はしっかり泣かされました。

男はつらいよ を知らない人が観ても、この1作である程度 車寅次郎 って人が

どういう人が解る仕立てになっておるので、或る意味入門編と云えるかも知れませんが、

やっぱり、「お帰り 寅さん」は、このシリーズを観てきた寅さんファンが云う言葉であって、

それを以てエピローグとする位置づけなのではないかと思いました。寂しいですけど。

でもきっと、男はつらいよ を観た人たち、携わった人たちの中では

寅さんはいつまでも旅の空から見守っていてくれると思えるんじゃないでしょうかね。








▼ポチッと応援して戴けると嬉しいです
関連記事
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

コメント

ひねもす、さん、私も、男はつらいよ お帰り 寅さんを見て
見終わった後、こころが、ほんわか温かくなりました♪
寅さんの良さがわかってきたのは、やっぱり、年を重ねて
寅さんの、優しさが、わかってきたからかなぁ。
何とも言えない懐かしさ、人情の温かさ、そんなところに魅かれます。
また、柴又に行って、寅さんの面影を探してきます。

k-24 #LkZag.iM | URL | 2021/03/31 22:37 * edit *

Re: タイトルなし

k-24 様

こんにちは。

やはりk-24さんも観てらしたのですね。
寅さん、好いですよね~。

今の日本と日本人が失くしてしまったものがあるような気がします。
時代が変わっただけと云うには、あまりにも寂しいです。

また柴又へ行かれた際のお写真、楽しみにしていますね。

ひねもす、 #- | URL | 2021/04/01 16:20 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://stylekbrog.blog.fc2.com/tb.php/678-bf76f77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)